「寝る前は食べない・起きた後に沢山食べる」がダイエットに有効な理由

「寝る前は食べない・起きた後に沢山食べる」がダイエットに有効な理由

「寝る前は食べない・起きた後に沢山食べる」がダイエットに有効な理由

ダイエットは食事が非常に大事ですが、時間帯が特に大事になっています。

 

 

例えば夜寝る前に食べると太りやすくなってしまいますが、それは何故かと言うと寝ている間はカロリー消費がしにくいからです。寝ている間でもカロリーは消費してはいますが、運動による消費が見込めないためその分のカロリーは当然脂肪となってしまいます。それに胃の活動も横になっている間はしにくいですから、あまり胃腸に良くない事なのです。

 

 

できるだけ寝る直前は食べない方が良く、直前の3時間は何も食べないのが理想です。しかしダイエット中に限っては18時には夕食を終えた方が良く、夜食は当然禁物です。そんなに早く帰宅できない、という方も多いでしょうがその場合は他の部分で食事の見直しをしましょう。まずは起きてからの食事です。あなたは朝食はパン派でしょうか、ご飯派でしょうか?何を食べるか、という前に量について考えてみましょう。

 

 

多くの方は朝食はサッと食べて終わらせていますが、シリアルなどはその典型ですね。しかしカロリーが最も高い食事を朝食に持ってきたら、痩せやすい体になりますよ。それは何故かというと朝にカロリーを多く取ると、絶対的に夕食はあまりお腹に入りません。時間が経っていますし信じられないという人もいるでしょうが、そもそもカロリーはエネルギーの事を指します。エネルギーは活動のために必要で、1日働くためのエネルギーは食事から取ります。働き始める前にエネルギーを得るのが当たり前ですし、これが無ければヘトヘトになってしまいます。昼食もそれなりに済まして午後の仕事を終え、帰宅する頃にはエネルギーはほぼ無くなっているでしょう。

 

 

 

しかし朝食をあまり食べない場合と比べて、エネルギー不足で疲れ果ててはいないはずです。無駄にエネルギー(カロリー)を欲しがらないため、結果的に夕食の食べる量は減っていきます。そうなると寝る前に食べるものは減っていくため、エネルギーが1日の中で理想的に循環し適正な体型になっていきます。一つ注意して欲しいのが、体を動かす(活動)に必須なのが淡水化物です。炭水化物は太りやすいと言われていますが、朝食は活動前の食事なので多めに取った方が良いです。逆に夕食はたんぱく質を多めに取るのが良いですし、別にお肉中心でもOKです。たんぱく質が高いのは鶏肉のササミなどですが、牛肉も赤身は脂質が少なく健康的です。こういった事を気に掛けながら、是非ダイエットを効果的に進めていって下さい。